閉じるボタン

〈フリッツ・ハンセン〉N01 エヌゼロワン アームチェア ブラック

本体価格 ¥ 94,000(税込 ¥ 101,520)

加算ヤマポ:940pt

数量

グランプリチェア発表から半世紀以上、フリッツ・ハンセン社の成形合板の技術に、日本のデザインスタジオ「nendo」の佐藤オオキ氏がデザインを落とし込んだ、ウッドアームチェア「N01(エヌゼロワン)」。

しっかりと背中を支えてくれる3次元カーブの背もたれ、ゆったり広めでフィット感が心地よい座面、背面を挟むようにジョイントされ強度と美しさを兼ね備えたアーム、どの角度から見ても美しい、日本人らしい細やかな心づかいが表現されています。

座り心地はもちろん、デザインも妥協したくない!細部にまでこだわり往年の名作椅子を体現した「N01」、完成度高いです。


    • ●納期:日本在庫
      日本に在庫がございます。約2週間前後でのお届けとなります。
      ※在庫状況により、お待ちいただく場合もございます。予めご了承お願いします。

    • ●素材
      オーク無垢材、ブラック塗装

    • ●備考 通常5年保証。
      お届け致します椅子には、IDカードがついておりますので、フリッツ・ハンセン社のホームページ内「マイリパブリック」より、IDナンバーとお客様情報をご登録頂きますとプラス5年の延長保証の対象となります。

      • ●サイズ
        約W620×D490×H770×SH465(mm)
         

      • ●ブランド
        フリッツ・ハンセン
         

    • ●デザイナー
      佐藤オオキ / nendo(ネンド) 
    ご購入前にご確認ください。
    ◆こちらの商品は梱包のまま玄関渡し(マンション・集合住宅の場合は1Fエントランス渡し)となります。家具専門の配送業者にて、搬入・開梱・組立・設置・残材処理までをご希望の方はお問い合わせ下さい。なお、玄関やエレベーターサイズ、通路の幅やドアの高さなど、搬入経路をお確かめのうえご注文頂きますようお願い致します。
    ◆商品によってお届けの日数が異なりますので、上記詳細にございます納期をご確認頂くか、メールまたはお電話でお問い合わせ下さい。
    ◆座面は天然木を使用しておりますので木目の入り方が商品によって異なります。誠に申し訳ございませんが、以上の理由による返品・交換はお受け致しかねますので、予めご了承下さい。
    ◆お客様がご使用になられているパソコンおよびスマートフォンなどの画面上と実際の商品では、多少色具合が異なって見える場合もございます。予めご了承ください。
    ◆ご注文後のキャンセルは一切お受けしておりません。ご注文内容を良くご確認・ご了解の上ご注文手続きをお願い致します。

    N01

    セブンチェアのDNAを継ぐ椅子

    その名は、N01。ナンバーワンと見間違いそうですが、正しくはエヌゼロワン。
    でもこの先、No.1になりかねないポテンシャルと魅力が詰まってます。
    フリッツ・ハンセン社から、すべてが木製の椅子が登場するのは、アルネ・ヤコブセンさんのグランプリチェアが発表されて以来。
    って、さらっと言っちゃいましたが、実は半世紀以上も経ってるんです。

    これだけでも、この椅子に対する思いがヒシヒシと伝わってきますが、デザインを手掛けたのは、佐藤オオキ氏率いる日本のデザインスタジオ「nendo」。
    その佐藤氏は、ニューズウィーク誌の「世界が尊敬する日本人100人」に選出されるなど、世界的にも知られている、いま最も旬なデザイナーのひとり。
    これのデンマークバージョンが、半世紀前の当時にもしあったら、ヤコブセンさんは間違いなく殿堂入り。
    建築から家具、小物まで幅広くトータルにデザインするスタイルにも共通点が。
    時空を超えこの時代にフリッツ・ハンセン社を通じて思想が融合し誕生した君の名は、N01。
    雲の上で、ヤコブセンさんが嬉しそうにパイプをふかしてる絵が浮かんできます。

    美しいものを作るのではなく、必要とされているものを作る

    建築における理想を追求し、家具から小物に至るまで完璧なデザインを追及したヤコブセンさんの言葉ですが、
    佐藤氏もN01についてこんな言葉を、
    「一度座れば、フリッツ・ハンセンの椅子だと気付くでしょう。 しかし毎日座れば、純然たる日本のデザインであることに気付くでしょう」
    勝手に、佐藤氏からヤコブセンさんへの回答と妄想すると、なんだかワクワクしてきちゃいますが、
    ただ単に座り心地だけを追求した椅子ではなく、どの角度から見ても美しい椅子に仕上がっており、
    ダイニングテーブルとともに配置されたその姿に、完璧を追求する「nendo」の緻密なこだわりが体現されています。
    『完璧なパズル』と表現されるその構造は無垢材と合板の23個ものウッドピースからなり、組立はひとつひとつ丁寧に手作業で行われ、
    細かな構造がシームレスにつながっていきます。

    しっかりと背中を支えてくれる3次元カーブの背もたれ、背面を挟むようにジョイントされ強度と美しさを兼ね備えたアーム、
    そして座った時のフィット感がとても心地良いゆったり広めの座面。
    「木の椅子って堅そう」とか、「長時間座っているとお尻が痛そう」など、なんだか負なイメージがある方もおられると思いますが、
    身体のラインに沿った立体的なフォルムが、身体を包み込んでくれるので、「堅そう」や「痛そう」などの心配はご無用。

    この座り心地の良さは、セブンチェアを代表とする、木を立体的に曲げる技術が成せる業。
    セブン、アント、グランプリのAJスタッキングチェアを実際に使われてる方は、いまかなりの確率でうなずかれてるはず。
    決してコンパクトな椅子じゃないけど、なぜだか部屋がスッキリ見えてしまうのは、このデザインだからこそ。
    あえてアームを短くしてあるのも、椅子をテーブルに近づけた際に、アームが当たらないようにというさりげない気配りから。
    このさりげない気配りのおかげで、高さが72cm以上のダイニングテーブルなら、テーブルの下に椅子を収めることができます。
    食事に、読書に、うたた寝に、どんなシーンにもライフスタイルにもN01、オススメです。

    佐藤オオキ / nendo

    佐藤オオキ / nendo
    Ooki Satoh(1977-)

    デザインスタジオnendoの創設者である佐藤氏は、グラフィック、アートインスタレーション、建築などの様々な作品を通してそのデザイン哲学を表現します。カナダ、トロント出身の佐藤氏は東京に移住後、早稲田大学大学院で建築学修士号を取得。2002年にデザインスタジオnendoを設立します。現在では世界的な建築プロジェクトおよび家具デザインにその名が冠されています。nendoは設立以降、その作品が広く認められ、Dezeen、ウォールペーパーデザインアワード、レッドドットデザインアワードをはじめ数多くの賞を受賞しています。

    最近チェックした商品