閉じるボタン

〈カール・ハンセン&サン〉フォールディングチェア MK99200 ビーチ材 オイル仕上げ ホワイトキャンバス

本体価格 ¥ 96,000(税込 ¥ 103,680)

加算ヤマポ:960pt

数量

教会に使用する椅子のコンペに出展すべく、1932年にモーエンス・コッホがデザインしたフォールディングチェア。 コッホは、折りたたみ式の椅子をリデザインし、優れた折りたたみ機能とモダンな美しさを併せ持つフォールディングチェアを完成させ、いまもなお多くの人々を魅了し続けています。 座ることによってより安定感が増すという、ユニークな構造。背と座面はキャンバス生地、肘掛けはサドルレザーでできているので、身体に負担がかからず、柔らかく受け止めてくれます。また、女性でも簡単に折りたたむことができ、収納場所にも困らないので、急な来客用としても。


    • ●納期:日本在庫
      日本に在庫がございます。約2〜3週間前後でのお届けとなります。
      ※在庫状況により、お待ちいただく場合もございます。予めご了承お願いします。

    • ●素材
      フレーム:ビーチ材、オイル仕上げ 
      背・座面:ホワイトキャンバス
      ストラップ:サドルレザー

    • ●備考

      • ●サイズ
        約W500×D500×H870×SH450(mm)
         
         

      • ●ブランド
        カール・ハンセン&サン
         
         

    • ●デザイナー
      モーエンス・コッホ
    ご購入前にご確認ください。
    ◆こちらの商品は梱包のまま玄関渡し(マンション・集合住宅の場合は1Fエントランス渡し)となります。家具専門の配送業者にて、搬入・開梱・組立・設置・残材処理までをご希望の方はお問い合わせ下さい。なお、玄関やエレベーターサイズ、通路の幅やドアの高さなど、搬入経路をお確かめのうえご注文頂きますようお願い致します。
    ◆商品によってお届けの日数が異なりますので、上記詳細にございます納期をご確認頂くか、メールまたはお電話でお問い合わせ下さい。
    ◆フレームは天然木を使用しておりますので木目の入り方が商品によって異なります。誠に申し訳ございませんが、以上の理由による返品・交換はお受け致しかねますので、予めご了承下さい。
    ◆お客様がご使用になられているパソコンおよびスマートフォンなどの画面上と実際の商品では、多少色具合が異なって見える場合もございます。予めご了承ください。
    ◆ご注文後のキャンセルは一切お受けしておりません。ご注文内容を良くご確認・ご了解の上ご注文手続きをお願い致します。

    THE 斬新

    いまとなっては、目新しくもないんだろうけど、1932年当時としては、このデザインと折りたたみのギミックが、
    斬新すぎて全く誰にも受け入れられずお蔵入り。
    そもそも、この椅子のデザイナーであるモーエンス・コッホは、教会に使用する椅子のコンペに出展するためにデザイン。
    きっかけは、デンマークモダンデザインの父ことコーア・クリントの下で、学び仕事をし、サファリチェアを超える折りたたみチェアを世に送り出す!
    と心に誓い、それをキーワードにしてたとかしてなかったとか。
    でも、もしかしたらそういう信念を持って、新たな何かを生み出そうとしてたんじゃないかって想像しちゃうと、
    まさに時空を超えての浪漫飛行。
    いますぐ、カラオケにダッシュして、歌い上げちゃいたいけどガマンガマン。
    そんなコッホの想いとガマン強さが、時とともに実を結び、
    1960年代にデザインが再評価からの製品化、万人の人たちが知ることになりました。
    その後と言えば問答無用、折りたたみ椅子の先駆者として、世界中で愛用されています。

    経年変化がいかしてる椅子

    一見すると、どっかで見たことあるなー、って思いますよね。
    そうそう、映画監督さんが座ってそうでしょ。
    なんで、ディレクターズチェアなんて、いかした呼び方もされてるんです。
    いかした所は他にも色々あって、一番の特徴は折りたたみができること。
    その折りたたみもキャンパス生地の座面を持ち上げることで、簡単にシュッ!とコンパクトに収納することができちゃうんです。
    普段は収納しておいて来客時に使用したり、持ち運びにも便利なのでアウトドアに使用したりと孫の手いらず。
    カフェやラウンジに、複数脚ズラッ!と並べるとめちゃめちゃかっこいいですしね。
    でも、もっともいかしてるのは、パーツひとつひとつ。

    座面の前後にある真鍮でできたリング、ヌメ側のアーム、オイル仕上げされたビーチ材。
    使い始めももちろんいかしてるんだけど、時間が経てば経つほどに、
    表情は変わり深みが増し、自分だけ私だけのマイチェアとなること間違いありません。

    ちなみに、座面と背面のキャンパス生地はそれなりの強度を兼ね備えてますが、
    10年、20年と使っていれば弛んでくるし、擦り切れてしまう時が来るでしょう。
    でも、だからといってバイバイしなくてもいいですからね。
    有償にはなりますけど、キャンパス生地の交換対応もしてますので、一生座り続けてあげてください。

    モーエンス・コッホ

    モーエンス・コッホ
    Mogens Koch(1898-1992)

    デンマークの建築家・デザイナー。
    建築や家具、生活雑貨などのデザインの他にも、執筆活動や王立美術大学・家具科の教授を務めるなど、活躍は幅広い分野に及びました。
    多作ではないものの、求められる機能や使用目的・場所を明確にしたオリジナリティのあるベーシックなデザインは、今でも際立った存在感を放っています。

    最近チェックした商品