閉じるボタン

〈カール・ハンセン&サン〉CH24/Yチェア オーク材 ソープ仕上げ ナチュラルペーパーコード

本体価格 ¥ 95,000(税込 ¥ 102,600)

加算ヤマポ:950pt

数量

Yチェアの愛称で知られるCH24が発表されたのは、なんと半世紀以上前の1950年。それ以来世界中で70万脚以上生産され、愛され続けてきました。ワイズカーサでも非常に人気が高く、今後50年経っても支持され続けるであろう、不変的な美しさを持つ椅子です。

CH24の特徴的なシルエットは、見た目の魅力だけでなく、使い勝手や座り心地を考慮されたもの。デンマークで生産されていますが、日本人のライフスタイルに非常に相性が良く、椅子の上であぐらをかいたり、ななめに座ったりと、家族みんなが自由なスタイルで寛いでのんびりするのに最適です。

ソープ仕上げは、木部に石鹸水を塗り込み自然な風合いを活かした仕上げになっています。汚れた場合には、石鹸水での洗浄やサンディングをすることができます。


    • ●納期:即納可能
      ワイズカーサに在庫がございます。即納可能です。

    • ●素材
      フレーム:オーク材、ソープ仕上げ
      座面:ペーパーコード

    • ●備考

      • ●サイズ
        約W550×D510×H750×SH450(mm)

      • ●ブランド
        カール・ハンセン&サン
         

    • ●デザイナー
      ハンス J.ウェグナー
    ご購入前にご確認ください。
    ◆こちらの商品は梱包のまま玄関渡し(マンション・集合住宅の場合は1Fエントランス渡し)となります。家具専門の配送業者にて、搬入・開梱・組立・設置・残材処理までをご希望の方はお問い合わせ下さい。なお、玄関やエレベーターサイズ、通路の幅やドアの高さなど、搬入経路をお確かめのうえご注文頂きますようお願い致します。
    ◆商品によってお届けの日数が異なりますので、上記詳細にございます納期をご確認頂くか、メールまたはお電話でお問い合わせ下さい。
    ◆フレームは天然木を使用しておりますので木目の入り方が商品によって異なります。誠に申し訳ございませんが、以上の理由による返品・交換はお受け致しかねますので、予めご了承下さい。
    ◆お客様がご使用になられているパソコンおよびスマートフォンなどの画面上と実際の商品では、多少色具合が異なって見える場合もございます。予めご了承ください。
    ◆ご注文後のキャンセルは一切お受けしておりません。ご注文内容を良くご確認・ご了解の上ご注文手続きをお願い致します。

    CH24/Yチェア

    もはや伝説、名作中の名作椅子

    世界中から愛され親しまれ、この椅子なら知っている憧れているって方も多いはず。
    ノーベル賞に家具部門がもしあったら、間違いなく受賞しているであろう大ベストセラー、CH24ことYチェア。
    Yチェアの名前の由来は、背もたれに見られる「Y」のデザインから。
    この背もたれのデザインもさることながら、唯一無二の独特な美しいシルエットに、ペーパーコード張りの座面は、座り心地がとってもエクセレント!

    見た目からは想像できないかもですが、腰掛けるとゆったりとして心地良すぎ。
    腰掛けた時に聞こえる、座面のペーパーコードがきしむ音、これがまたたまらないんです。
    で、このペーパーコード、その名の通り、紙でできてるんですが、そんじょそこらの紙じゃなく、デンマーク産の天然パルプからできた再生紙、
    これがまた頑丈、頑丈、超頑丈、それをさらに3本ねじねじして作られたハイパー頑丈なペーパーコードが座面へと編み込まれているんです。

    ちなみに、この座面の強度は、レザーやファブリック張りの椅子に負けないぐらい、と言うかそれ以上、
    汚れにも強く、座るたびに座る人のお尻の形に形状が変化していき、最終的にはジャストフィットなまさにマイチェアへと進化していきます。
    そんな魅力と実力を兼ね備えたYチェアをこの世に送り出したのは、デンマークの家具職人、ハンス J.ウェグナーさん。
    座りやすさ、デザインの美しさ、クラフトマンシップ、この3つをポリシーに、生涯で500脚以上をデザインした、椅子の巨匠。
    あのアルネ・ヤコブセンさんの建築事務所で働いていたことがあるらしく、やっぱり類は友を呼ぶ、なんですかね。

    一脚だけで絵になる椅子

    で、ウェグナーさん、Yチェアのデザインする上で影響を受けたのが、中国・明時代のチャイニーズチェア。
    世界で一番売れている椅子の起源がおとなり中国ってのも、なんだか興味津々。
    だからって訳でもないけど、和・洋・中どんなインテリアでも、「あれ?ずっと前からあったよね」って思っちゃうほど、自然となじむなじむ。

    日本人のライフスタイルにも、想像以上に、ってどれくらいの想像をしてるかわかりませんが、皆さんの最愛のパートナーとおんなじくらいに、マッチしちゃうんです。
    例えば、あぐらをかくときありますよね、女性でも。
    Yチェアなら、座面の上でもあぐらをかくことができちゃう、これって、靴を脱ぐ日本の文化に最適、っていうか日本のためにデザインしたんじゃないかって。
    これ、座面が広いからできるワザ、ななめや横向きに座ることもできちゃいますよ。
    ダイニングに、リビングに、どこでも使えるユーティリティチェア。

    ホテルはもちろん、旅館に泊まりに行って、部屋にYチェアが置いてあったら、おもわず仲居さんに親指立てること間違いなし。
    どこから撮っても絵になり、どこの角度からも美しい、メンテナスさえしっかりしてれば、一生使えるYチェア、この先家族に遺すもの増えちゃいましたね。
    あっ、大事なことを忘れてまして、仕上げ方法は3タイプあって、木の色合いがきれいだけど汚れがつきやすいソープ仕上げ、汚れがつきにくいオイル仕上げ、
    ブラック塗装のウレタン仕上げ、好みや用途もありますが、どれにしようか悩む前にお問い合わせからガンガンご相談ください!

    ハンス J. ウェグナー

    ハンス J.ウェグナー
    Hans J.Wegner(1914-2007)

    デンマークの家具職人兼家具デザイナー。
    10代前半から木工職人の修業を積み、17歳で家具職人の資格を取得。工芸学校を卒業後にデザイナーとしての活動を開始、92歳で亡くなるまで500点以上の椅子をデザインしました。
    ウェグナーデザインの特徴は構造・意匠ともに計算された接合部。家具をよく理解し、素材への探究心と木材への深い造詣があるからこそ実現できました。
    デンマーク家具の第一人者であり、世界的な家具デザイナーです。

    最近チェックした商品