閉じるボタン

〈フリッツ・ハンセン〉グランプリチェア ナチュラルウッド ウッドレッグ オーク

本体価格 ¥ 78,000(税込 ¥ 84,240)

加算ヤマポ:780pt

数量

アルネ・ヤコブセンがデザインしたチェア、と聞かれると、真っ先に思い浮かぶのが「セブンチェア」「アントチェア」という方も多いはず。この「グランプリチェア」も「セブンチェア」「アントチェア」とほとんど同時期にデザインされ、1957年、コペンハーゲンのデンマーク工芸博物館の春の展示会で初公開されました。また、同年のミラノ・トリエンナーレに出品され、グランプリを獲得したことから「GRAND PRIX CHAIR(グランプリチェア)」と呼ばれるようになりました。一時は生産を中止していましたが、2008年、フリッツ・ハンセン社により伝説的な椅子「グランプリチェア」が復刻しました。

従来のクローム脚に加えて、2014年にグランプリチェアのオリジナルバージョンでもあるウッドレッグが復刻しました。よりクラシカルで洗練された雰囲気が味わえます。脚部は座面と同素材(同色)となります。

ナチュラルウッドは、木そのもののナチュラルな模様や品質を際立たせるクリアラッカー仕上げです。 クリアラッカーは、チェアの有機的なフォルムや輪郭も強調します。経年変化が美しく、古ぼけた印象を与えないことも特徴です。


    • ●納期:即納可能
      ワイズカーサに在庫がございます。即納可能です。

    • ●素材
      背・座面:成形合板、クリアラッカー仕上げ
      脚部:ウッドレッグ、クリアラッカー仕上げ

    • ●備考 通常5年保証。
      お届け致します椅子には、IDカードがついておりますので、フリッツ・ハンセン社のホームページ内「マイリパブリック」より、IDナンバーとお客様情報をご登録頂きますとプラス5年の延長保証の対象となります。

      • ●サイズ
        約W500×D500×H780×SH440(mm)

      • ●ブランド
        フリッツ・ハンセン
         

    • ●デザイナー
      アルネ・ヤコブセン
    ご購入前にご確認ください。
    ◆こちらの商品は梱包のまま玄関渡し(マンション・集合住宅の場合は1Fエントランス渡し)となります。家具専門の配送業者にて、搬入・開梱・組立・設置・残材処理までをご希望の方はお問い合わせ下さい。なお、玄関やエレベーターサイズ、通路の幅やドアの高さなど、搬入経路をお確かめのうえご注文頂きますようお願い致します。
    ◆商品によってお届けの日数が異なりますので、上記詳細にございます納期をご確認頂くか、メールまたはお電話でお問い合わせ下さい。
    ◆座面は天然木を使用しておりますので木目の入り方が商品によって異なります。また、クローム脚に製造工程上出来てしまう細いスジが見られる場合がございますが、傷ではございません。誠に申し訳ございませんが、以上の理由による返品・交換はお受け致しかねますので、予めご了承下さい。
    ◆お客様がご使用になられているパソコンおよびスマートフォンなどの画面上と実際の商品では、多少色具合が異なって見える場合もございます。予めご了承ください。
    ◆ご注文後のキャンセルは一切お受けしておりません。ご注文内容を良くご確認・ご了解の上ご注文手続きをお願い致します。

    グランプリチェア

    古くて新しい、そして美しい

    1952年のアントチェア、1955年のセブンチェアに続く、成形合板チェア三部作のトリを務めたのが、ヤコブセンさんの想いを込めて1957年に発表された、モデル3130。
    アントチェア、セブンチェアの良いところを受け継ぎ、より洗練されたディテールを備えた発展形として、
    発表された同年のミラノ・トリエンナーレでグランプリに輝いたことから、グランプリチェアと呼ばれるようになりました。

    アントチェアは見た目が蟻(アリ)に似ているんで、アリンコチェアと親しみやすい呼ばれ方をしてますが、グランプリチェアもあの大人気な昆虫に似てると思いません?
    そー、昆虫界の王者カブトムシ!!!
    お互いその世界では、極めた物同士、ビートルチェアなんて呼び名も、なんだかオシャレ。
    でも、デンマークにはカブトムシいないのかー、でもでも、日本のデンマークこと安城市にはいっぱいいるんで、フリッツ・ハンセンさんどうでしょう?

    輝き続ける理由

    そんなグランプリチェアですが、実は一度生産中止になっているんです。
    当時の技術では、この成形の難度が非常に高く、耐久性の問題もあってお蔵入り。
    ヴィンテージしか手に入らない状況と、各方面からの復活を期待する声に応え、改良に改良を重ねて、2008年にめでたく復刻を果たしました。
    復刻時はスチールパイプ脚のみでしたが、2014年には待ってましたの待望のウッドレッグも復刻!

    このウッドレッグ、脚部を限りなく繊細に見せるために、円柱状のパーツを3ヶ所削り、断面を三角形に近い形状にするという、まさに凄ワザ。

    カラーバリエーションは、ナチュラルウッドとカラードアッシュの黄金展開。
    やっぱ名作と呼ばれる椅子がいつまでも魅力を失わないのは、オリジナルの良さをちゃんと残しつつ、
    その時代に適した製品のカスタムを行い、新鮮な状態をキープしてきたから。
    輝き続ける椅子との暮らし、始めてみませんか?

    アルネ・ヤコブセン

    アルネ・ヤコブセン
    Arne Jacobsen(1902-1971)

    デンマークの建築家・デザイナー。
    王立芸術大学を卒業後、1930年代から建築家として活動。
    1950年代からフリッツ・ハンセンと協働が始まり、成形合板の椅子など新しい素材と技術を使った家具を発表、多くの傑作を生みだしました。
    建築、家具、雑貨、ファブリックなど一貫したデザインで理想を追求。建築家として、プロダクトデザイナーとして後世に大きな影響を残しました。

    最近チェックした商品